※この記事はプロモーション(広告)を含みます。

ビーベット

BeeBet の違法性や安全性・公式スポンサー就任を解説

BeeBet(ビーベット)は、ブックメーカー(スポーツベット)をメインに取り扱っている総合オンラインカジノサイトです。

運営歴は、2021 年からと日が立っていませんが、日本のスポーツベットに力を入れていることもあり、総合格闘技RIZIN の公式スポーンサーにもなっています。

そんな Beebet(ビーベット)には、違法性はないのでしょうか?

この記事では、BeeBet(ビーベット)の違法性や安全性、公式スポンサーになった経緯をご紹介いたします。

もも
もも
BeeBetのスポーツベットをこれか始める方、既に登録がお済の方も、改めて違法性や安全性についてご紹介します。
さくら
さくら
気になる、公式スポンサーになった経緯もご紹介しています!

 

\無料ボーナス30ドルお試しできます/

※BeeBetに登録するだけでカジノボーナス$30もらえます。

 

Beebet の違法性や安全性

BeeBet(ビーベット)の違法性を結論から申し上げると「グレーゾーン」という括りになります。

グレーゾーンとは?

グレーゾーンとは、合法でもなければ違法でもない中間のことです。逮捕されることはありませんが、日本で合法ですともいえない状況のことです。

意外かもしれませんが、パチンコやパチスロなども、グレーゾーンの括りになっています。

上記の説明でパチンコやパチスロがグレーゾーンと述べましたが、理由は、三店方式というお金の流れを作っているので、法律に引っかからず逮捕されないということになります。

BeeBet(ビーベット)が違法ではない理由が以下になります。

BeeBet(ビーベット)が違法ではない理由
  1. 海外の企業が運営をしている
  2. 政府公認のライセンスを取得し合法的に運営をしている
  3. ブックメーカーやオンラインカジノを罰する法律がない

上記の BeeBet(ビーベット)が違法でない理由を以下で解説いたします。

海外の企業が運営をしている

Beebet(ビーベット)は、日本の企業ではなく、海外を拠点とした企業が運営を行っています。

日本の企業が日本国内でブックメーカー(スポーツベット)やオンラインカジノサイトを運営を行っていると、違法になります。

よく日本のテレビ番組で、カジノ摘発というニュースが放送されていることがありますが、日本国内で日本の企業や個人が運営を行って、金銭を賭ける行為をした場合、違法となり逮捕されます。

BeeBet(ビーベット)は海外を拠点に置く企業が運営を行っているため、違法にはなりません。

政府公認のライセンスを取得し合法的に運営を行っている

BeeBet(ビーベット)は、ブックメーカー(スポーツベット)やオンラインカジノサイトの運営を行うのに、政府公認のライセンスを取得し、合法的に運営を行っています。

政府公認のライセンスを取得していないサイトは、例え海外を拠点として運営を行っていても違法サイトになります。

BeeBet(ビーベット)が取得しているライセンスはオランダ領キュラソー島のライセンスで、ライセンスの中でも取得難易度が高く、信頼性が高いライセンスです。

ライセンスも有効の証である「VALID」と表示されているので、政府公認の元、合法的に運営されているサイトなので、違法性はないと言えます。

また、ライセンスにも記載されていますが、オランダ領キュラソー島に住所があるため、上記でも説明した通り、キュラソー島で運営をしていることが分かります。

ブックメーカーやオンラインカジノサイトを罰すると法律がない

現状の日本の法律では、海外を拠点と置く、ブックメーカー(スポーツベット)やオンラインカジノサイトへの法律がありません。

日本の法律は、日本国内で賭け事を行う胴元に対する法律はありますが、賭け事を行う人への法律はありません。

ブックメーカー(スポーツベット)やオン r ナインカジノサイトは、海外に拠点を置き運営を行っています。海外の企業の為、日本の法律外になり、罰することはできません。

また、海外で運営を行っている企業は、政府公認の元、合法的に運営を行っているので、法律に違反していません。

上記のことから、日本の法律では罰する法律がなく、プレイヤーも逮捕されず、グレーゾーンとなっています。

 

\無料ボーナス30ドルお試しできます/

※BeeBetに登録するだけでカジノボーナス$30もらえます。

BeeBet(ビーベット)の登録方法と登録時の注意点を解説BeeBet(ビーベット)は、2020 年に運営を開始した比較的新しいオンラインカジノです。 スロットやライブカジノなどのカジノゲ...

BeeBet は総合格闘技の公式スポンサー

BeeBet(ビーベット)は、日本で大人気のブレイキングダウン(Breaking Down)の公式スポンサーです。

ブレイキングダウンとは、1 試合 1 ラウンド 1 分の総合格闘技の大会で、素人からアマチュア、プロ、元プロなど様々な選手が出場します。

代表取締役の朝倉未来さんも、公式 YouTube で BeeBet(ビーベット)で遊ぶ様子をアップしています。

BeeBet(ビーベット)は、日本の総合格闘技のブレイキングダウン(Breaking Down)の公式スポンサーになったことからも、日本人プレイヤーにかなり力を入れていることが分かります。

その為、BeeBet(ビーベット)の公式サイトは、完全日本語対応でライブチャットサポートやメールサポートなどのカスタマーサポートも完全日本語対応をしてくれます。

公式スポンサーになったことからも、BeeBet(ビーベット)の違法性はかなり低いと言えます。

さくら
さくら
過去に開催しておりました、公式スポンサー記念を一部ご紹介します。

 

 

さくら
さくら
今後のプロモーションも期待できますね。

 

BeeBet の RIZINとブレイキングダウンの賭け方と視聴方法を解説今話題の人気のブックメーカー(スポーツベット)サイトの BeeBet(ビーベット)は、総合格闘技に賭けることができます。 この記事...

BeeBet 違法性や安全性・公式スポンサーのまとめ

BeeBet(ビーベット)の違法性や安全性、ブレイキングダウン(Breaking down)の公式スポンサーについて解説いたしました。

冒頭でも述べましたが、現状の日本の法律から考えると、ブックメーカー(スポーツベット)やオンラインカジノサイトは、パチンコやパチスロと同様に「グレーゾーン」という括りになります。

法律で罰せられることはありませんが、日本では合法ですよとも言えない状況です。

BeeBet(ビーベット)の運営企業も海外を拠点に活動を行い、政府公認のライセンスを取得し合法的の運営を行っています。

また、ブレイキングダウンの公式スポンサーなことも、違法性が非常に低いことが分かります。

万が一、違法性のあるサイトなら、人気の総合格闘技のブレイキングダウンが公式スポンサーにすることもありません。

上記のまとめから、BeeBet(ビーベット)の違法性は低いと言えます。

 

 

BeeBet(ビーベット)スポーツベットのbeebet

入金不要ボーナス

30ドルもらえる

\無料ボーナス30ドルお試しできます/